食彩備前

<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


「菊合わせ」

e0207014_114552.jpg


e0207014_1443049.jpg



備前焼ギャラリー青山日本料理エドアとのコラボ企画

備前焼ギャラリー青山の伊藤と日本料理エドアの中込による新たな挑戦。
実際に器にお料理を盛って、それを撮ることにより、両者が美意識を高めることを目標として
おります。

日本料理エドアでは器や酒器は料理を盛り付けた姿こそ「最も美しい状態」だと考えております。
また、その姿をお客様に見て頂くことが最大の宣伝だと考えております。
実際に料理を盛り付けて見ることで、作家の創作の一助けになれば幸いと考えております。

備前焼ギャラリー青山では、通常展示している状態を最も悲しい状態とお客様に表現させて
頂くことがございます。それは、器たちは乾ききった状態であり、本来の潜在能力の一部しか
表現できていないからです。
水でぬらしてあげるだけでも生き返ったように鮮やかな姿をみせてくれます。
一枚の葉をお皿の上に置くだけでも、相乗効果が生まれます。
使って頂ければ頂くほど、器たちは元気になり、よりしっとりとして参ります。
姉妹ブログ Shizen to Bizen でも紹介させて頂いておりますが、苔むした岩は究極の姿であり
その岩の上に一枚の葉が落ちている姿こそ、備前に共通する世界観があるものと信じております。

土味についての議論や、焼成についての議論から一歩進み、その先にある世界を探し、楽しみま
しょう。若い作家さん達にも高い美意識をもって取り組んで頂けますよう願っております。

今回、日本料理エドアの中込さんの情熱と感性に、私が出来ることであればなんでも協力したいと
このコラボが実現しました。春夏秋冬、これからいろいろなことにチャレンジしたいと考えております。
営業時間後、二人であれこれやっております。楽しいです。始まったばかりですので、まだまだですが
積み重ねることが出来るよう努めます。何か感じて頂けましたら幸いです。伊藤


備前焼 割山椒
備前焼 陶板


料理
「春菊」「黄菊」「もって菊」のおひたしです。
割山椒の器の時期に旬の食材を合わせました。
日本料理エドア 中込正隆


写真
割山椒の形、影を意識して、菊の柔らかさを表現しました。
写真はクリックしてご覧頂きたいです。
more以降も是非ご覧下さい。

作品のお問い合わせは備前焼ギャラリー青山へ
TEL 03-3797-4039

More
[PR]

by love-bizen | 2010-10-08 14:04 |